読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Derby City Classic Bank Pool 初日!②

いよいよ始まったDerby City Classic!本大会ではBank Pool、One Pocket、Nine Ballの3種目のトーナメントがあり、それぞれの優勝者と総合優勝者を決めます。またこの他にもBigfoot(10feet台)でのTen Ballや14-1のハイラン大会など正にビリヤードの祭典。Big footの選考基準は知りませんが、超有名選手によるベスト16トーナメントです。

 

まずはBank Poolから!

日本では馴染みがありませんがアメリカではメジャーなゲームとのこと。先日のニューヨークでの印象だとOne Pocketの方がプレイヤー多そう。知らんけど。

ルールは簡単。ナインボールでコールショットのバンクショット(的球を1回以上経由してポケットイン)のみ。キスショット(手玉が的球に当たったあとに他の玉に当たり、的球がポケットイン)やコンビネーションはダメ。先に5つの玉をポケットインしたら1ゲームゲット。ナインボールを3回以上行い、先に3ゲームとった方の勝ちです。

 

Bank Poolと同時にBigfootも進行してました。日本で一般的に見る台は9フィート、このゲームは10フィートです。デニス・オルコロ(フィリピン)vsシェーン・バーン・ボーニング(アメリカ)が対戦していました。種目はテンボール(ナインボールとほぼ同じルールでボールが10個)。いっぺん撞いてみたいな。

f:id:billiards3579:20170121095259j:image

 

f:id:billiards3579:20170121135050j:image

 

この会場は2階からも観戦できます。ここから見たらBigfootもナインフィートも大きさ変わらんな。でもこれは絶景。ビリヤードの試合は横から見るより上から見る方が面白いんよね。玉の動きわかるから。それぞれの種目と総合での歴代チャンピオンの垂れ幕が雰囲気を盛り上げます。フィリピンのエフレン・レイズが最多優勝。さすがです。

 

f:id:billiards3579:20170121095351j:image

 

f:id:billiards3579:20170121095308j:image

 

f:id:billiards3579:20170121095346j:image

 

2階に移動するとこんな感じ。あらこちらで試合が行われています。なんと2台しかない部屋で大井Pが激闘中。大井Pの試合がこんなとこであるのはもったいない。あ、負けてもーた。

 

 f:id:billiards3579:20170121135104j:image

 

f:id:billiards3579:20170121135126j:image

 

なんか死ぬほど悔しがってました。やっぱ経験のない種目はトッププロでも難しいみたいです。フィーを払えばむ参加できますが私はチャンスないのでやめときます。

 

で!次は私の試合。常に入れ位置で攻めまくりますが、撞かされてええ配置になって点数を重ねられ離されていくパターン。話にならん。一方的に負けちゃいました。知らんゲームとはいえこれは悔しい。

 

一方こちらは昨年のチャンピオンのアレックス・パグライアン。勝ってるかと思いきやリーチリーチ。ニューヨークで見たアフリカンアメリカンのおっちゃんと戦ってました。2人ともむっちゃうまい。常に手玉をレール際にコントロールするアンドセーフティです。んで攻めるべき時に攻める。ほーこれがバンクプールか。俺がやってたんは玉当てやな。常に入れ位置やし。大井Pに言うと彼も入れ位置とのこと。んなアホな。まー次元の違う入れ位置やろけど。

 

f:id:billiards3579:20170121161501j:image

 

高野P、浜田P共に二回戦勝ったようです。羅Pの結果は未確認。

 

この後部屋飲みで気がついたら2時半。ま、明日試合ないからええか。明日浜田Pが昼いちで試合だそうです。俺起きれるかわからんけどがんばれー!!