読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

World Series of Pool at New York

翌日ビリヤード旅行で5時起きで7時に空港。はよ帰らなって思ってても友達と飲んでしまい気がついたら1:00。あかん!急いでタクシーで家帰って荷物の確認して・・・、キューあらへんやん!店に取りに行って30分ロス。

 

どうにか朝起きれて、伊丹空港でチェックインしていると知らん間に左後ろに今回同行させてもらうプロが。ビックリするやんか、大井くん。なんと今日は18日間にわたり大井直幸プロと浜田翔介プロに同行させてもらうアメリカビリヤードの旅の初日なんです。贅沢な旅やで。

 

浜田プロとも合流しビールで乾杯!大井プロは飛行機で気分が悪くなる可能性があるから今日のお酒はここまでにしておくとのこと。今日は移動長いからね。これぞプロの体調管理。さすがです。

 

以下、今回の旅で両プロが出場する試合です。

【World Series of Pool at New York】
ワールドランカーしか出場できない試合です。私はもちろん観戦のみ。イギリスのトッププロであるダレン・アプルトンが発起人になった8ボールの試合で初戦から好カードばかりが期待されます。時間があればニューヨークの玉屋にも行きたいな。

【Derby City Classic at Southern Indiana】
こちらはオープン戦なのでお金を払えば誰でも出れます。ナインボール、ワンポケット、バンクプールの3種目があり、3人とも全ての種目にエントリーしました。ナインボールは日本で最もメジャーなビリヤードゲームですが、ポケットとバンクプールは日本ではほとんど普及していないためルールが分かりませんでした。私はネットで調べたりToutube見たりしてルールを確認しました。あってんのか自信ないけどどーにかなるか。

 

写真はトランジットで立ち寄ったダラスのフォートワース空港での一幕。タコスが美味かったで。

 

f:id:billiards3579:20170114161153j:plain

 

美味かったけど食いきれんわ。タコス1個ででええのに。アメリカンやで。

f:id:billiards3579:20170114161912j:plain

 

というわけで今日から本ブログで両プロの活躍と道中の素顔、現地のビリヤード事情などを発信していく予定です。

 

大井くん、成田でも飛行機ん中でもダラスでも飲んどるがな!